知っ得!お葬式の知識

葬儀における供花の並べ方とは

葬儀では様々な花をお供えします。
このお供えする花を「供花」と言います。

供花は、自分で用意しなくても葬儀業者に依頼できますので心配する必要はありません。
葬儀業者の担当者に「供花をお願いします」と依頼すれば大丈夫です。

お葬式での供花について、覚えておきたい知識があります。

それは供花を並べる順番です。

亡くなった人に向かってどのような順番で花を並べるのかを、覚えておくと、ご葬儀の際にスムーズに段取りが進みます。

もちろん、このようなことは、葬儀業者がしっかりとやってくれます。
基本的には、供花を並べるときは亡くなった人から近い人のお花を並べていきます。
亡くなった方の子供の花は近くに並べますし、その次に家族や親族等、関係が近い人の花を並べていきます。

この「家族や親族」の供花については、あまり難しいことはありません。

お勧めします。葬儀費用の抑え方は下調べをしましょう。


一方、どんな順番で花を並べれば良いのか、迷うことが多いのも会社関係や友人関係の花です。

お葬式の内容によっては、とても多くの参列者がやってきます。

供花は参列者の目に留まるものなので、しっかりと順番を考えて並べなければなりません。
地域によってはこれが原因でトラブルになることさえあります。

どのような順番でお花を並べれば良いのか分からないときは葬儀業者に相談しましょう。
そうすれば、しっかりと教えてくれます。

業者に相談する時は亡くなった方の人間関係について詳しい説明をしておくと良いです。
そうすればその情報を頼りに業者はしっかりと順番を考えてくれます。
参列者が多い一般的なお葬式の場合は上記のようにしっかりと供花を並べる順番を考えなければなりませんが、
家族葬の場合は家族や親族だけでお葬式を行うので、少し順番が違ったとしてもトラブルになることは少ないです。

お葬式をするときは供花以外にも、本当に様々なことに対して専門的な知識が必要となります。

しかし、一般的にはお葬式に関してかなり詳しい知識を持っている人は少ないものです。
そのため、上記で説明したような供花など、わからないことについてはしっかりと葬儀業者に聞いておきましょう。

お葬式の流れとして、お葬式を行う前に葬儀業者とお葬式についてしっかりと打ち合わせをする時間を持つことができます。
このような時にしっかりとかないことを聞いておけば不安を感じることもなく、お葬式を行うことができます。

お葬式は頻繁に行うものではありませんが、覚えておきたい知識はたくさんあるものです。

病院で亡くなった場合に葬儀場など何も決めていないと、病院が提携している葬儀場に、ご遺体を搬送されます。そうなると葬儀費用も予想以上に高額になってしまうこともあります。突然のことで冷静に判断は出来ないかもしれませんが、葬儀費用の抑え方は下調べをしましょう。そして見積もりを出してもらうことをお勧めします。故人や家族の希望にあった葬儀が出来るように希望に合ったプランを選べる葬儀社を選び、無駄な費用は抑えましょう。